トップページ > 靴のお手入れ法

靴のお手入れ法

靴のお手入れ法

毎日の手入れは、柔らかい布で拭くだけで良いですが(起毛革はブラッシング)、本格的な手入れをする場合は、以下のように行うのが一般的です。

  1. まず、汚れや埃をブラシで落とします。アッパーと本底の間や縫い目、カカト、しわの奥など埃の付きやすい部分は入念に行って下さい。これは、通気性の向上と次に行うクリームの浸透を良くする為に行います。

  2. 次に、靴に栄養補給を与えます。指先に巻き付けた布にクリームを付け少し力を入れながら小丸をかくように少しずつずらしながら、まんべんなくすり込んでいきます。これは、靴の劣化を防ぎ、長持ちさせる働きがあります。キズなども補色します。

  3. 次に、ツヤ出しを行います。ブラシでクリームを表面全体に馴染ませます。また、余分なクリームがあった場合、布などで取って下さい。ツヤが出るのと同時に通気性を良くします。

  4. 最後に仕上げです。仕上げは、防水スプレーを使って靴全体に吹きかけて下さい。防水スプレーを使用することで汚れがつきにくい靴になります。

靴の磨き方の中で、「鏡面磨き」というのがあります。名前のとおり、自分の顔が映り込むほど輝かせます。 その一部始終を動画で撮影しましたので、ご覧下さい。

  1. まず、汚れや埃をブラシで落とします。汚れがつきやすい素材ですので、表面と毛の間に入り込んだ埃、砂利などを払い落とします。

  2. シャンプー次に、シャンプーを使い、ブラッシングで落ちない汚れを落とします。シャンプーは、雨などでシミになった靴にも最適です。

  3. 陰干し洗い終わったら、靴の中に紙を入れて陰干しします。中に入れる紙が新聞紙だとインクがしみ込んでしまう場合があるので使用しない方がベストです。

  4. 靴が乾いたら栄養補給を与えます。皮革に栄養と潤い、色の鮮やかさを取り戻します。

  5. 起毛最後に仕上げです。仕上げは、ブラシで起毛させることでふんわり感が蘇ります。また、つま先やカカトに光沢ができてしまったものは、ワイヤーブラシで毛を起こして下さい。防水スプレーを使って靴全体に吹きかけて下さい。